開発者インタビュー -SKIN Xアドバイザー倉田荘太郎先生-

開発者インタビュー
開発者インタビュー -SKIN Xアドバイザー倉田荘太郎先生-

SKIN Xのアドバイザーを務める、くらた医院院長の倉田荘太郎先生に、男性の肌の特徴とスキンケアのポイントについてお話を伺いました。

 

男性の肌は、水分が少なく皮脂が多い

ーー 倉田先生がSKIN Xに協力しようと考えてくださったキッカケを教えてください。

倉田先生:私は美容外科医として患者さんと日々接しているのですが、最近自分の肌について悩んでいる男性が増えてきていると感じました。しかし、まだまだ肌のトラブルがあった際に、美容外科や美容皮膚科を受診したり、しっかりとケアをする人の割合は女性に比べると少ないのが現状です。日々の正しいスキンケア習慣を男性にも啓蒙していくことが大切だと考え、SKIN Xの監修を決めました。

ーー 男性と女性の肌では、どういう部分に違いがあるのでしょうか。

倉田先生:水分量と皮脂量ですね。男性は女性と比べて約3分の1の水分しかないと言われています。その反対に皮脂量は、女性の3倍とも言われる多さです。
皮脂量がそこまで多い理由は、睾丸で作られるテストステロンという男性ホルモンが皮脂腺に到達し、より強力なDHTというホルモンに変化し、皮脂の分泌を活発にしてしまうからです。女性もテストステロンは分泌されますが、男性に比べるとはるかに微量です。

 

ーー 男性=脂性肌ということですか?

倉田先生:一概にそういうわけではありません。乾燥肌の方もいらっしゃれば、脂性肌と乾燥肌の混合肌の方もいらっしゃいます。男性も女性と同じくらいたくさんの肌質タイプがあると考えていいでしょう。

 

男性用のスキンケア製品でしっかり保湿を

ーー 男性が乳液を使用することの大切さを教えてください。

倉田先生:男性にも保湿はとても重要です。男性は女性に比較して、通常毛穴が大きく皮膚からの水分蒸散量が多いと言われています。その影響で全体的な皮膚の水分量も少ない傾向にあります。また日やけ止めをあまり使用しないこと、また毎日のひげ剃りで刺激を受けやすいことも肌の乾燥につながると言えます。

 

ーー パートナーの化粧品を拝借してスキンケアをするのとSKIN Xを使用するのとでは、やはり効果の差は出てくるものでしょうか。

倉田先生:ホルモンの影響により、皮脂の分泌量をはじめとする肌の環境が違うのであれば、やはり化粧品やスキンケアも女性用の流用では間に合いません。男性用に作られたものの方が好ましいと思います。

 

自分の肌の特性を知り、適切なスキンケアを行うことが重要

ーー 男性は顔の中でも特にココをケアするべき!という箇所はどこですか?

倉田先生:皮脂腺が多い額や鼻周りなどのいわゆる「Tゾーン」と言われる部分ですね。皮脂や汚れがたまると肌のトラブルの原因にもなるので、洗顔料だけではなく、拭き取り化粧水なども活用して清潔に保つように意識すると良いと思います。
あまり知られていませんが、耳の後ろや耳まわりも皮脂腺が多い部分なんです。ここもしっかりとキレイにすると気持ちが良いだけでなく、肌のトラブルやニオイ対策(※)にもなるのでオススメします。

※ニオイの元となる皮脂の除去

 

ーー 季節ごとに心がけた方がいいことがありましたら教えてください。

倉田先生:夏は特に汗が多く水分蒸散量が増えること、秋から冬にかけては湿度がぐっと低くなることから、化粧乳液できちんと保湿・保護することが大切になります。
洗顔や拭き取り化粧水の使用で不要なものをしっかり落とした後、保湿成分・水分・油分が配合された化粧水や化粧乳液できちんと保湿することを日々のケアとして心がけていただければと思います。


ーー 自分の肌にあったスキンケアを行うには、具体的に何をすればいいのでしょうか。

倉田先生:近年、日本人男性もスキンケアに関しての感度が上がっているように感じます。まずは、簡単肌質チェックでご自身の肌質をしっかりと把握し、ご自身にあったスキンケア商品を使ってみてください。
自分の肌の特性を知り、正しい知識をもとにそれに合ったケアを行うことで、きっと効果も実感しやすくなると思います。

 

 

ーー 倉田先生、ありがとうございました。


SKIN X PLATINUM EDITIONでは肌質に合わせた2つのラインをご用意しています。
自分の肌質に合った適切なスキンケアを、楽しみながら習慣化していきましょう。

 

 

大阪大学医学部医学研究科招へい教授
くらた医院院長
日本美容外科学会(JSAS)理事
SKIN X アドバイザー
倉田荘太郎

毛髪と皮膚の美容が専門。
ホルモンと皮膚付属器の基礎研究や臨床医として得た知識で、形成外科、美容皮膚科、美容外科、に関するオピニオンリーダーとして活躍。
温泉で有名な大分県別府市の山の麓のゆったりとした環境にオープンした別府ガーデンヒルクリニック・くらた医院で、患者さんの悩みを解決する、都会とは一味違った生活がお気に入り。

10秒でできる簡単肌タイプ診断
倉田荘太郎先生監修
自分は脂性肌?乾燥肌?

乾燥肌・脂性肌など、自分の肌状態を把握していなければ正しいスキンケアはできません。肌タイプ診断の結果から、あなたの肌に適した洗顔料・化粧水・乳液の特徴をご紹介します。

当てはまるものにチェックをして「診断結果を見る」ボタンをクリックしてください
倉田莊太郞先生
くらた医院院長
日本臨床皮膚外科学会理事
男性の肌は男性ホルモンの影響で皮脂分泌が盛んで脂っぽく、ニキビになりやすいのが特徴です。その一方、発汗量が多いため、むしろ女性よりも水分量が少なく、肌がかさついたりゆらぎやすくなる男性も少なくありません。こうした男性特有の肌トラブルを防ぐためには、自身の肌の特徴(脂性肌か乾燥肌か)を正しく把握し、適切なケアを習慣化することがなによりも重要です。
10 sec SKIN TYPE CHECK
10秒でできる肌タイプ診断