ザ・クレイウォッシュ開発者インタビュー -日本コルマー株式会社 德永俊輔さん-

開発者インタビュー
ザ・クレイウォッシュ開発者インタビュー -日本コルマー株式会社 德永俊輔さん-

「PLATINUM EDITION」シリーズを生み出した開発者、日本コルマーの德永さんにクレイウォッシュの特徴や開発秘話について伺いました。

 

REDとBLUE、2つのカラーが生まれた秘密とは? 

——男性向けのスキンケア商品というところで、一番意識した部分を教えてください。

德永さん:まずは「わかりやすさ」を意識しました。スキンケアの習慣があまり無い男性は、肌に対しての意識が女性に比べてまだまだ薄いもの。なので自分の肌の状態を分かりやすく認識できるようにするところから始めました。

 ——REDとBLUEというキーカラーもわかりやすさをイメージしたのでしょうか?

德永さん:2つの肌タイプの製品を作ると考えた時に、さっぱりめはちょっと攻めるイメージで赤、逆にしっとりめは青。その2色をキーカラーにするアイデアが生まれました。あとはユーザーが選ぶ時に、自分の肌の悩みを思い浮かべながらネガティブな気持ちで選んでほしくなかったんです。海っぽい方が好きかなとか、ちょっと楽しめるような感覚で手に取れるといいかな、と。ポジティブに手に取れることを大切にしてあげたいという思いがありました。 

 

男性の肌は非常に繊細!? クレイを採用した理由 

——男性用洗顔料ということで、成分のこだわりはありましたか?

德永さん:特にこだわったのはクレイですね。男性は皮脂が多く毛穴の奥の汚れも溜まりやすい一方で、女性より肌が乾燥しやすい。洗浄成分を強める方向にばかり走ってしまうと、乾燥ケアが不十分になり肌を傷めてしまうデメリットが生まれる可能性があります。そこでクレイによる汚れ吸着に踏み込みました。女性用の化粧品と同じくらい繊細なバランスを保ちつつ、界面活性剤のダメージによらない汚れ落としができるからです。

——クレイによる汚れ除去には、どんな効果があるのでしょうか?

德永さん:クレイには古い角質を物理的に除去する効果もあれば、皮脂汚れを選択的に吸着させる効果もあります。男性は肌のターンオーバーのサイクルが鈍いという研究結果があるので、古い角質を除去してあげるという意味でも、クレイ洗浄というのは男性の肌に効果絶大なんです。

——男性の肌とクレイは非常に相性がいいんですね。

德永さん:そうですね。クレイは尖っていてゴリゴリと肌を傷つけるようなものもあれば、粒子も揃っていてなめらかなものもあります。「PLATINUM EDITION』には日本国内のクレイの中でも、特に肌を傷つけにくいなめらかなタイプのものを使用しています。

——それがREDにおける「マテラパウダー®︎」、BLUEにおける「くちゃ」ですね。

德永さん:はい。そういった素材を使用することで、肌を傷つけにくい洗顔料を開発することができました。

 

先端技術で生まれたトリポーラス™の効能にも注目

 

——トリポーラス™という新素材も採用しているんですね。

德永さん:ソニーという大きな会社が取り組んでいる新素材ということで、以前から注目をしていました。服飾関係でも応用されているほか、ボディソープにも使用されていたりします。化学的なものというイメージのトリポーラス™なんですが、素材は非常にサステイナブル。籾殻の廃物になるものを利用して開発している非常にストーリー性のある素材で、SDGsも提唱できます。また、3つの異なる大きさの穴でしっかり吸着するという高い機能もあるというところで、「お、これは今回のシリーズにピッタリな素材だな!」と思い、今回取り入れました。フェイスケアで応用に成功したのは我々が初めてです。

 

開発における苦労 検証を重ねて辿り着いた自信作

 

——クレイウォッシュの開発で大変だった点はなんでしょうか?

德永さん:クレイが入りすぎると泡立ちや洗い流しのスッキリ感が阻害されてしまいます。なので、汚れを落としながら泡立ちもキープしつつ、洗い流しのキレが良い……というベストな状態を探るのが大変でしたね。シャワーを当てているとサーっと自然に落ちていく、今のプロダクトに着地させるのが難しかったです。何回も検証する必要があったので、研究所の男性陣が自身のバスタイムに実際に洗ってみてどうだったか、という検証を繰り返しました。

——洗浄系の商品開発は検証が大変そうですね。

德永さん:1日に何回も洗った時もありましたからね。やっと納得のいく製品ができた時は嬉しかったですね。

  

REDとBLUE、ここが違う!

 

——REDはアルカリ性タイプ、BLUEは弱酸性タイプの洗顔料ですね。違いを教えてもらえますか?

德永さん:そもそも人間の肌は弱酸性です。肌の古い角質を落とすため、1回肌のpHをアルカリ性にふることで、古い角層がとれやすくする作用を生み出せます。そのために1回肌をアルカリ性によせて高い洗浄効果を生み出したのがREDです。一方BLUEは敏感肌向けのラインで、弱酸性です。弱酸性はpHをアルカリ性にふる作用がないので、肌を傷めずマイルドに洗えますが、それだけだと汚れを落としにくいのが難点。ですが、BLUEもクレイ特有の洗浄効果はしっかり発揮できるように仕上げることができました。ご自身の肌悩みに合わせて使い分けていただければと思います。

 

クレイウォッシュはこう使う! 効果的な使い方とは?

 

——洗顔する際の一番効果的な使い方を教えてください。

德永さん:手でしっかりと泡立ててから顔につけるというのが一番大切ですね。チューブから出したらそのままつけるという方は、泡立ててから顔につけることを心がけると良いかと思います。

——強くこすった方が汚れが落ちそうと思いがちですが……。

德永さん:確かに<クレイが古い角質を落とす>と書かれていると、ゴシゴシこすって効果を体感しようと思いがちかも知れません。高い機能があるなら委ねてみようという意識で、優しくマイルドに洗って頂きたいですね。

 

日本コルマー株式会社
研究開発本部横浜研究所マネジャー
德永俊輔さん

1999年岡山大学大学院自然科学研究科修士課程修了。
同年日本コルマー株式会社入社。横浜研究所マネジャーとしてスキンケア製品開発に従事。
スキンケア製品及び基盤技術開発を牽引する存在に。
日本化粧品技術者会西日本支部常議員。 

10秒でできる簡単肌タイプ診断
倉田荘太郎先生監修
自分は脂性肌?乾燥肌?

乾燥肌・脂性肌など、自分の肌状態を把握していなければ正しいスキンケアはできません。肌タイプ診断の結果から、あなたの肌に適した洗顔料・化粧水・乳液の特徴をご紹介します。

当てはまるものにチェックをして「診断結果を見る」ボタンをクリックしてください
倉田莊太郞先生
くらた医院院長
日本臨床皮膚外科学会理事
男性の肌は男性ホルモンの影響で皮脂分泌が盛んで脂っぽく、ニキビになりやすいのが特徴です。その一方、発汗量が多いため、むしろ女性よりも水分量が少なく、肌がかさついたりゆらぎやすくなる男性も少なくありません。こうした男性特有の肌トラブルを防ぐためには、自身の肌の特徴(脂性肌か乾燥肌か)を正しく把握し、適切なケアを習慣化することがなによりも重要です。
10 sec SKIN TYPE CHECK
10秒でできる肌タイプ診断